売上アップを実現できる勤怠管理 効率よく行うための勤怠管理について説明しています

勤務先のマネジメント

現在勤めている会社では、いまだに紙で作られたタイムカードを使用しています。
毎朝、出勤したら先ずタイムレコーダーにタイムカードを挿入し、出勤時刻を打刻します。
帰るときも同じようにタイムカードを用いて、退社時刻を打刻します。
1か月が経過したらまた新しいタイムカードを用意し、毎月の「勤怠管理」を繰り返し行います。
これだけITやOAが進んだ世の中なのに、なんて古臭い対応をいまだにしているんだろうと嘆きたくなります。
以前勤務していた会社は、個人情報を認識したICカードによって半永久的にそれを使用して、「勤怠管理」を行っていました。
同じ会社の他の拠点に出社する場合においても、そのICカードを使用できるので非常に便利でした。
またその「勤怠管理」データは、Webによりリアルタイムに人事課が情報を入手できるので、全事業所の従業員の勤怠情報が把握され、何かあれば直ぐに対応できるものでした。
こういった進歩は是非、全ての会社においても享受して欲しいものです。
そして余った時間は、もっと従業員にとって働きやすい環境整備に費やしてもらいたい。

勤怠管理を徹底しよう

まず、勤怠管理というのは簡単に言うと働いている人の出勤・退勤・欠勤といった状態を企業側が把握することです。
このとき企業がよく使うものがタイムカードです。
今では、ほとんどの所でタイムカードが使われているのではないでしょうか。
わたしも数箇所で働いたことがありますがある一箇所を除いて他の所では全てタイムカードまたは、それに類するものを使っていました。
働いている側から言わせてもらえるとこのように管理してもらっている方が安心して働くことができます。
特にこれは、残業したときにどれだけやったかの証明になってくれるので残業代が働いた分だけ貰える企業では重要な役割を果たしてくれます。
ですが、タイムカードの打ち間違えや打ち忘れには気をつけなくてはいけません。
企業にもよると思いますが報告だけでよいところもあれば報告書のようなものを提出しなくていけないところもあるのでその手間を避けたい方はそういったミスをしないように気をつけるようにしてください。
勤怠管理はクラウド勤怠システムのTouch On Timeが便利です。コストを抑えてスマートにタイムカードの集計ができます。

売上アップを実現できる勤怠管理 is powered by WordPress | Entries (RSS) and Comments (RSS)| Partnerprogramm Theme