ポスティングの概要及びポスティングなら大阪と言われる理由

ポスティングとは、一般的に、フライヤーといわれる小さなチラシを各住宅地域を回って、一軒一軒ポストに投函していく作業のことです。

このフライヤーには企業の商品についての宣伝文が掲載されてあり、それを見た顧客が電話なり、ホームページを訪問することによって、企業の顧客として獲得されることになります。

フライヤーを投函する作業は地道ですが、人の手にとって見られることが多く、また、地域限定の場合などの特色性を重視する場合には有効な手段です。

印刷技術の進展とともに、安く、大量に作成することが可能となり、大企業のようにテレビや新聞などのメディア媒体にて大掛かりな宣伝を行うことができない中小零細企業や、地域の行政団体にとっては、重要な広告手法となっています。

方法としては、投函作業員が1枚づつ配って歩くことになることが一般的です、素早く、正確に配布する必要があります。また、街頭で通行人に一人ひとり手渡す方法を取ることもあります。

また、投函する際に、家人に出会ったら、丁寧に挨拶をして受け取っていただく心構えが必要とされます。

確実に読んでもらうために、ポケットティッシュやサービス券と一緒に渡すことも効果的です。

ポスティングにはそのような性質があるために、住居が密集している大都市ほど効率よく、また効果的に行うことができます。そのため東京や大阪のような大都市では特に有効な手法と考えられています。

集合住宅の集合ポストに一斉に投函することで、作業を早く終了させ、高い効果が生じる場合もあります。

もっとも、フライヤーに記載されている文言に意味がないようでは、投函された側も、注文をするどころか、
ただの迷惑チラシと判断される可能性もありますので、内容のある文章を掲載する必要があります。

ポスティングなら大阪と言われる理由としては、以上のように、大阪は日本有数の大都市であり、家屋が密集している地域が多いので効率性が高いことが挙げられます。

また、お笑い文化に代表されるように、文化に対しての造詣が深く、面白いものを積極的に受け入れようとする気風があるので、投函されたチラシやフライヤーを受け取ってもらえて、読んでもらえる可能性が高く、
投函されたフライヤーの内容が面白い場合には、注文が多くとれる可能性が高まるからです。

富裕層が多いために、心や財政に余裕があり投函チラシだと見くびることがなく、真剣に内容を検討してもらえる可能性が高いことも挙げられます。